ガラスわけーるⅢ型の特徴

ガラスわけーるⅢ型システム(2)
  • ガラスリサイクルで培ったガラス剥離と分別技術
  • 鋭利な角のの無い、粒状ガラスに加工が可能
  • 物理的方法によりガラスを剥離するため、熱や薬品などが不要

ガラスわけーるⅢ型は、パネルの構成材料の多くを占めるガラスの活用を考慮した剥離技術の採用しています。
処理したガラスをリサイクル製品として扱えるため、パネルリサイクルの課題の一つである『ガラスの出口』の選択肢が広がります。

装置配置図

標準配置図(2)

本図はガラスわけーるⅢ型システムの装置配置例となります。
お客様の要望に合わせて、最適な装置構成・配置をご提案いたします。

パネル投入から剥離・選別まで一貫した自動化システム

投入されたパネルは、自動で搬送されアルミ枠が除去されます。

独自技術により、剥離されたガラスはエッジの無いガラス粒となります。

装置能力・仕様一覧

ガラス剥離工程(ガラスわけーるⅢ型)

投入パネルサイズL1900~L1730 × W1000~950
処理能力1枚当たり約60秒
最大消費電力48.2kW
構成機器アルミ枠解体機、ガラス剥離機
搬送システム、油空圧システム、制御装置
集塵システム等

選別工程(ガラス精製工程)

選別方法粒度選別、風力選別、色選別、金属選別
処理能力約1000kg/h
最大消費電力12.4kW

お問い合わせ・ご質問

リサイクル装置・システム詳細や廃棄パネルの処理のご相談、使用済・廃棄パネルの回収のご相談、その他太陽光パネルのリサイクルに関するご質問など、お気軽にお問合せください。

廃ガラスリサイクル事業協同組合 西日本営業連絡所
MK&Partners(担当:宮脇)
 info@mk-partners.jp
 050-3704-8174 (IP Phone)